読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

(AAA)にっしー誕生日サプライズ!Eighth Wonderツアー名古屋ガイシホール公演に行ってきた

好きなもの 音楽 ブログ オススメ AAA

f:id:nogutyo:20130930222539j:plain

AAAの大ファン、のぐちょ(@yuukinogutyo)です。

 

9/29(日)はAAAのEighth Wonderツアー、名古屋ガイシホール公演でした!

待ちに待ったライブだったので大興奮ヽ(*´∀`)ノ

 

ライブレポなどはAAAファンで得意な方が沢山いるので、そちらにお任せするとして、僕は今回行われた「プライズ企画」について書いていこうと思います。

そもそもAAAって?

f:id:nogutyo:20110906112544j:plain

AAA(トリプル・エー)

男女7人組のスーパーパフォーマンスグループ。

メンバーは西島隆弘宇野実彩子浦田直也日高光啓與真司郎末吉秀太伊藤千晃
2005年9月14日にシングル「BLOOD on FIRE」でデビュー。
2005年末、「第47回輝く!日本レコード大賞最優秀新人賞」受賞。
また、デビュー1周年にあたる2006年9月13日には初の日本武道館ライブを、前代未聞の無料招待で行い、約1万人の動員を記録。

2010年5月リリースの小室哲哉作曲両A面シングル「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」はオリコンランキング初登場1位を獲得!

2011年、6枚目となるアルバム「Buzz Communication」をリリースし、
過去最大規模となる全国31公演ツアー「AAA Buzz Communication Tour 2011」を開催!
2011年9月にはベストアルバム「#AAABEST」をリリースし、アルバムチャートにおいて初のオリコンランキング初登場1位を獲得。
2012年末には、3年連続となる「日本レコード大賞」優秀作品賞受賞、「NHK紅白歌合戦」出場を果たす。
2013年、過去最大規模となる全国41公演15万人動員のツアーを開催!

 HPより引用

 AAAは「Attack All Around」の頭文字を取ったもので、「全てのことに挑戦する」という意味が込められています。

 彼らは歌やダンスにとどまらず、各メンバーがドラマや映画・舞台に活躍してます。イトーヨーカドーのCMで見たことある方もいらっしゃると思います(*'ω'*)

「?」って方は↓この動画を見てみてください♪

 

今回の目玉は誕生日サプライズ

プライズの主役は「にっしー」 

AAAのメンバーに西島隆弘、通称「にっしー」がいます。

 

彼のチャームポイントはその厚い唇です。ファンの間ではもはや「唇=にっしー」というくらい定着していて、ライブの演出やMCで出てくるくらい本人にも認知されています(*´∀`)

たらこ唇ですね♪

プライズ企画は突然に

9月30日が誕生日なので、今回の名古屋ガイシホール公演では前夜祭のような感じになることは予想がつきましたが、具体的にどんな企画があるのか、特に知らないまま当日を迎えました。

16時に開場したため、受付を済ませます。

f:id:nogutyo:20130930180735j:plain

チケット~♪

f:id:nogutyo:20130930180712j:plain

会場の座席表♪僕は「I」の2階の前から2列目!

f:id:nogutyo:20130930222440j:plain

ぬおおおお!近いいい~(゚∀゚*)

連れ二人は「やばいやばいやばい」と興奮しっぱなし(笑)これで本人たちが登場したらどうなっちゃうんだ・・・(・∀・)

f:id:nogutyo:20130929162453j:plain

 サブステージにも近い!写真だと遠くに見えますが、実際に席に着いてみるとステージがすぐ目の前のように見えました。

 

そうしていると、可愛い女の子達が”あるもの”を配りにきました。

f:id:nogutyo:20130929211254j:plainでっかい唇

f:id:nogutyo:20130929211707j:plain企画内容

これらをしっかり目を通す時間はそんなにありません。

そうこうしてるうちにライブスタートしました!

プライズ実行!にっしー他メンバーのリアクションは…

アンコールの時にサプライズを実行します。ワンピースでおなじみ「We are(ウィーアー)」を皆で大合唱しました。

「We are(ウィーアー)」ご存じないかたはこちら(^ ^)

 

歌うのはサビ1コーラスだけだったので、すぐ歌い終わってしまいます。

しかし歌が終わりそうになると「もう一回!」と誰かが叫んでくれて、途切れることなくWe are(ウィーアー)大合唱(^ ^)

「もう一回!」自体も徐々に増えていって、いつしか会場皆で繰り返される歌と「もう一回」。

そんな会場の一体感を感じて、周りの子たちは泣き出し、泣きながら歌っていました。そんなん見たらこっちまでもらい泣きしてまうやろ(つД`)

 

アンコール後すぐ曲が始まり、メンバーが出てきたので、すぐさま全員自分の顔の前にさっきの唇が書いてるA4用紙を掲げる♪

最初に気づいたリーダーの浦田直也が客席を見て大爆笑!

「ウケる!」「客席が唇だらけなんですけど♪ぶははははっ(*≧∀≦)」

末吉秀太は「バラード歌ってる時、見てて笑いそうになったわ(笑)」

そりゃそうだ、8000個以上の唇が会場を埋め尽くしていたんだから( 'Θ' )

にっしーもメンバーも今回のサプライズには驚いていました。

にっしーはしばらくポカーン 。。

メンバーからのサプライズかと思って、他のメンバーを見るも違う、スタッフさんかと思ったらそうでは無い。

ファンが企画してくれたことが分かり、にっしーは帽子を取って「ありがとうございます。ありがとうございます!ホント胸いっぱいです。ありがとうございます」と何度も何度もお辞儀していました。

にっしー:「ところでそれ(唇の紙)、誰からもらったの?」 

浦田:「みんな自宅から持ってきたんですよ(笑)プリントアウトして」 

※実際は会場で用意されてました(笑)

ファンからにっしーへのサプライズプレゼント

今回の企画は、AAAのメンバーやスタッフが企画したものではなく、あるファンの子2人が企画したものでした。

 

Twitterで誕生日企画を上げ、8000枚以上の唇プリントを用意し、会場に自ら運び、座席に配って歩く。まして今回の企画は、にっしー以外のメンバーもスタッフも手を入れていません。

それは並大抵なことではないと思います。

会場では協力を希望された方がたくさんいて、企画者の手伝いをされていました。その場で企画を知った僕らもちょっとですが配る手伝いをしました。

受け取るファンの方々も「この企画すごいですね!絶対楽しい(^ ^)私も手伝います」と協力のリレーが広がっていきました。

ノリとマナーの良さが両立した会場

今回ガイシホール公演に参加して感じたのは、ノリとマナーの良さが両立しているということでした。

みんな声出すときはホールが唸るように声が出て、ライブ最後にメンバーがマイクを置いて生声で挨拶をする時、誰一人しゃべらない。8000人が一切声を発さない。

これまでAAAのライブでは、このライブ中最も静かにすべき時にメンバーの名前を叫ぶファンがいて、問題(?)になっていました。

今回の会場でもそれを心配する声が多かったのですが、やってみたらそれは杞憂でした。Twitterを見ても「名古屋公演のこのマナーの良さは感動!」とファンの間でも話題になりました(^ ^)

さらにライブ終了後は自主的に会場のゴミ拾いをします。ただし会場の閉まる時間も考慮して最低限ということにはなりますが、今回はゴミもあまりなかったと聞きました。

まとめ

ライブ前日までの事前告知は無し。当日しかも会場内で初めて全体に共有された企画内容。

もしかしたらバラバラに歌ったり、歌う声が集まらなかったりで上手くいかないかもしれない、そう思っていました。でも実際にやってみると信じられないくらいピッタリ声を合わせて歌うのには鳥肌が立ちました。

どっかに指揮者がいるんじゃないか??ってくらい。

そしてノリとマナーの両立を目指す姿勢に感嘆しました。

もちろん「マナー」と一言で言ってもいろんな解釈があると思います。

僕としてもライブ中のマナーと通常のマナーはちょっと異なると感じていますし。。

※この辺はまた違う機会に書きます

 

にっしーの何度も何度もお辞儀をして、何度も何度も言う「ありがとうございます。胸がいっぱいになりました」という言葉。

そしてリーダーの浦田直也がライブの最後の挨拶でこんな事を言いました。

「メンバーの誕生日まで祝っていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました!」

 

メンバーや裏方スタッフさんが企画して、ファンと協力して行うサプライズは多々あると思いますが、今回はごく普通のファンが企画したものです。

それに協力者が集まり、そして見事成功させることができた。そのことについて改めてリーダーから言葉があり、企画者のお二人はさぞ感激されたのではないでしょうか。少なくとも僕周辺の席の子達はみな泣いてました。

 

本当に忘れられないサプライズになりました。企画されたファンの方はお疲れさまでした、そしてありがとう。

僕はこの日に参加することができて、すごく幸せでした。

◆おまけ

今日(10/1)もガイシホールに来ました!

f:id:nogutyo:20131001194703j:plain

なんで??と思われる方もいるかと。。

えぇ、ご想像の通りです。。(ノ_・、)

 

9/29(日)はそんな感動の余韻に浸り家路についたわけですが、一つミスを犯しました。入場する時に預けたデジカメを、帰りに受け取らずに帰ってしまったんです(;´Д`) 

まさかのガイシホール2日の日を置いて再訪。。

余韻に浸るのは結構ですが、自宅がそんなに離れてなくてよかった。。

これで住んでるのが北海道とかだったら、再度取りに行くのは不可能だ(*´・д・)(・д・`*)ネー

f:id:nogutyo:20131002021518j:plain

今日もどこかのミュージシャンが、リハーサルをしてました。

日曜の余韻からかAAAがリハーサルやってるように感じて不思議な感覚がしました。

ライブ当日はあれだけ人でごった返してたスタンド入口前が、上の写真のようにガランとしている。。

まるで先週の金曜日(ライブ前)にタイムスリップして、AAAがリハーサルしてる中、僕は誰もいない会場の外にいるんじゃないか。そんな錯覚すら覚えるほど。

 

ここまで浸るのは人生初なので、なんとも言えない感覚です。

でも天邪鬼な僕がこう感じるのだから、感受性が豊かで素直な10代の子たちはきっと相当だろう。

学校に行っても余韻で手がつかないとか、感動がよみがえってきて泣いちゃうというツイートをTwitterで沢山見かけた。

以前ライブに参加するまでは「そんなわけないでしょ」と思ってみてましたが、身をもって理解できそうです。

ー-ーーーーーーーーーーーーー

今回AAAについて思うがまま書いてきましたが、やはりファンだと表現や書き方がより感情的になってしまいますね(^ ^;)※まぁいつも通りか…

正直メンバー1人1記事書ける自信があるのですが、そこは興味ない人には「?」なので、機会と需要があれば。。

AAAについては今後また書いていきます(*´∀`*)

 

今回の記事に関するAAAの楽曲♪

We are(ウィーアー)はこのアルバムに入ってます( ,,´・ω・)ノ

777 〜TRIPLE SEVEN〜
(2013.10.02時点)
posted with ポチレバ

曲をフルで視聴したい方はこちらをどうぞ♪

 

この記事に関連する記事(^ ^)

 (AAA西島隆弘〜完璧のその先へ〜)好きなことを仕事にする中での葛藤 前編 - のぐちょの”気になる”ブログ

(AAA西島隆弘〜完璧のその先へ〜)好きなことを仕事にする中での葛藤 後編 - のぐちょの”気になる”ブログ