のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

ドット柄が可愛い!初めてのキャップレス万年筆、キャップレス絣(かすり)

f:id:nogutyo:20170316004111j:plain

初めてのキャップレス!のぐちょ(@yuukinogutyo)です!

 

今回初めてキャップレス万年筆を買いました!

パイロット社から出ている「キャップレス絣(かすり)」(^_^)

 

という字を最初見た時、不覚にも「餅(もち)」と読んでいました|・ω・`)モチ…

特に最初見たのが「白」のモデルだったので、余計に餅に見えてもう…

「変わった万年筆が出たな(笑)餅って名前付けるなんて、制作者は餅好きかな?」

とか普通に思ってました。

 

仕事で万年筆を使っていく中で、キャップレス万年筆に最近興味が湧いていて、

今回なんの気なしに大曽根にある三光堂さんに見に行ったのですが。。

これに出会い、お持ち帰り(ご購入)となりました(* ̄(エ) ̄*)

www.sankodo-web.co.jp

 

 

開封の儀 

f:id:nogutyo:20170316004801j:plain

三光堂さんの袋。シンプル。

f:id:nogutyo:20170316004906j:plain

日本の文具メーカーでおなじみ、パイロットのマーク。f:id:nogutyo:20170316004913j:plain

箱から出すと更に黒いケースが。

f:id:nogutyo:20170316004921j:plain

パッカーン!

いいねいいね!ドット柄が可愛いです♪

f:id:nogutyo:20170318144939j:plain

今回僕は「青」を選びましたが、他にも黒・緑・赤・白があります♪

赤もイチゴみたいで可愛いですね(o^ω^o)

 

f:id:nogutyo:20170316005131j:plain

箱の中には使用説明書と保証書、カートリッジインクが入っています。

しかしここからが三光堂さんのすごいところで、

「吸い取り紙付けておくね!」と店長さん(*'д'*) エッ

f:id:nogutyo:20170316005156j:plain

「インクはどうするの?」と聞かれたので、「色彩雫シリーズを入れようと思っています」と答えたら

f:id:nogutyo:20170316005031j:plain

「はい。これも付けてあげる」

Σ(@ω@;)

確かに頻繁に三光堂さんに遊びに来てるし、原稿用紙とかインクとか買って帰るけども。。

本当にありがたく思います(*´∀`*)

 

 

元々付いてくるカートリッジインクは差し込むだけで使えるので楽ですが、自分の好きなインクを選べないというのが難点。

コンバーターを使うことで、好きなインクを吸入して使う事ができます。

 

以前、それぞれのメリット・デメリットについて書きました(^_^) 

nogutyo.hatenablog.com

 

独特のデザイン「絣(かすり)」 

f:id:nogutyo:20170316004949j:plain

写真を見ていただくと分かりますが、水玉っぽいですが、よく見るとそうではない独特の柄になっています。

これが「絣(かすり)」

f:id:nogutyo:20170318152249j:plain

もんぺや普段着に使われてきた背景から、絣は素朴で飾らないデザインが多く見られます。
円や三角、四角、十字などの幾何学模様、草花、動物などの具象的な模様に分けられ、
現在では伝統的な模様をアレンジしたものや、ファッション性の高い絣も生産されているみたいですね♪

 

この万年筆を買うまでは、絣というデザインの存在すら知らなかったんですが、

以下のサイトなど調べてみると伝統とデザイン性を併せ持ったものに感じました。

着物もいいですが、文房具にそのデザインを使うのは面白いですね(*´∀`*)

 

kurumegasuri.com

 

セッティングと書き心地 

普通の万年筆はキャップを外して、初めて書く事ができます。

f:id:nogutyo:20161012020143j:plain

でもキャップレス万年筆はその名の通り、キャップがなく、ボールペンのようにノック式で出てきます!

f:id:nogutyo:20170316004939j:plain

通常モード

f:id:nogutyo:20170316005006j:plain

書く時。ノック式ボールペンのように、ワンノックでニョキ!!と出てきます。

収納時は気密性の高いシャッター機構でしっかり出入り口に蓋がされているので、

ペン先が乾燥して書けなくなることはありません(*'-'*)

 

f:id:nogutyo:20170316005031j:plain

コンバーター「CON-40」透明でキレイですね♪ 

f:id:nogutyo:20170316005039j:plain

f:id:nogutyo:20170316005055j:plain

キャップレス万年筆の真ん中からクルクル回して分解!

銀色の蓋がされている部分がカートリッジインクが刺さっている部分。 

f:id:nogutyo:20170316005105j:plain

そこを外してコンバーターを装着します!

あとは好きなインクを吸入して再度セッティングするだけです(^_^)

f:id:nogutyo:20170316004959j:plain

筆記モードのキャップレス絣♪

実は18金のペン先

f:id:nogutyo:20170318163001j:plain

字幅は「EF(極細)」にしました。

仕事での用途として、資料への書き込み等が多いためですφ(・ω・` )

 

実はキャップレス絣のペン先は「18金」なんです!

通常の万年筆よりペン先があまり出てこないしペン先も小さいので、

正直書き心地に期待してなかったんですが、実際に書いてみると適度にしなる♪

 

僕は極細を買ったのでそこまで恩恵は実感できませんが、

たとえば細字や中字で書いてみると18金のあの柔らかい書き心地を味わうことができます(*´∀`*)

 

実際に使ってみた感想は、また書きますね♪

んだらね〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ONE OK ROCK「Be The Light」を聴いて感じた”前を向く”ということ

f:id:nogutyo:20170310225359j:plain

あれからもう6年、、、のぐちょ(@yuukinogutyo)です。

 

3月11日で東日本大震災からもう6年が経ちましたね。早いなぁ…

山形出身なので直接的な津波などの被害はありませんでしたが、両親や地元の友人と連絡がつかない日々が続いたときは「もしかして…」と不安に押しつぶされそうになりました。

仙台の友達は無事なのか分からず、他の友達とも通信制限で連絡できず、なんとも言えない不安感に襲われたのを覚えています。

 

 

ONE OK ROCK「Be The Light」という曲を最近知ったのですが、

歌詞や曲中のTaka(ボーカル)の言葉が染みて、ずっと聴いています。


ONE OK ROCK - Be The Light 和訳 LIVE ver.

 

いい歌詞だなぁと聴くたび思います。

自分もそう思った、そう思える歌詞もあったり。。

It all changed on that day

(あの日すべてが変わってしまった)

Sadness and so much pain

(痛みと悲しみで溢れたあの日)

 

You can touch the sorrow here

(君はその哀しみに触れる事が出来ても)

I don't know what to blame

(僕は誰を責めたらいいのか分からないよ)

 

I just watch and watch again

(僕はただ見つめる事しかできなかった)

僕は就職で愛知に住んでいたので、被災せずテレビ越しにその悲惨な様子を見る事しか出来ませんでした。

誰を責められるわけでもない、そして「結局は当事者しか分からない」という当たり前のことを思ったり…

 

nogutyo.hatenablog.com

 

What did it leave behind?
あの出来事は僕らに何を残したんだろう?


What did it take from us and wash away?
何を僕らから洗い流していったんだろう?


It may be long But with our hearts start a new
時間はかかるかもしれない、でも新しく出発する心をもって


And keep it up and give up With our heads held high
踏ん張って、諦めないで、そして、上を向いて歩き続けよう

 

You have seen hell and made it back again
俺たちは地獄ってものを見てきたけど、また戻ってきたんだよ


How to forget? we can't forget the lives that were lost along the way
どうしたら忘れられるの?これまで失われた数々の命を忘れることなんて出来ないんだ

 

 

And then you realize that wherever you go

たとえ自分がどこかへ消えてしまっても


There you are
そこには自分がいるんだ


Time won't stop
時は止まってはくれないんだ


So we keep moving on
だから、進み続けろ

  

Anyone can close their eyes
誰だって目を閉じて

Pretend that nothing is wrong
何も間違ってないように振る舞うことはできる

Open your eyes and look for light

さぁ、目を開けて光を探すんだ

 

Yesterday's night turns to light
昨日の暗闇が光へと変わり


Tomorrow's night returns to light
明日の暗闇も光にもどる

 

どんな小さな光も、必ず照らす事ができる。

今までの暗闇が、明日の光になるように

明日の暗闇がまた光に変わるように…

 

そう願って作られた曲です。

 

被災した両親が言うには、最も不安だったのは食料や燃料ではなく

「真っ暗な暗闇」だったそうです。

 

いつまた大きな余震が来るか分からない中、真っ暗な夜を過ごす。

”夜になったらまたあの暗闇に包まれるのか・・・”

そう思うだけで恐かったそうです。

 

だから光を点すことは不安な気持ちをやわらげ、街に光が戻ることで皆が明るくなっていった。

光とはそれくらい大事なものなんですね。

 

忘れていいことも必ずあるはず 

「あの日のことを忘れてはいけない」 

それは僕もそう思いますし、そうしたいと思います。

 

でも忘れようと思っても忘れられないものじゃないですか?

細かい記憶は曖昧になっても、”そのこと”自体は忘れる事なんて出来ない。

 

でも曲中、Takaこんな言葉がありました

人間っていうのは覚えたり忘れたり、その両方を持ち合わせてる生き物だけど、

忘れちゃいけないものは必ずあるし、忘れていいことも必ずあるはずです。

 

一つ一つ、自分の中でしっかり思い返して、生きてみてください。

 

 僕は「全て忘れちゃいけない」とずっと思って生きて来ましたが、

「忘れていいことも必ずあるはずです」という言葉に、どこか救われたような気がしました。

 

震災から6年。

きっと今後も忘れることはないでしょう。

3月11日になれば毎年必ず思い出すでしょう。

 

ならばせめてそれ以外の時は、頭の片隅に置いておいて「今」を楽しめるように

前を向ける様になりたいですね。

 

「Be The Light」を聴いて思ったのは、

「忘れないようにしよう!」と思う事も大事ですが、”全て”を忘れないのではなく、

自分で一つ一つ思い返して、自分の中に残すものを”選ぶ”。

そしてそれを”残すと決めたものを持ち続け、前に向かって歩き続ける”ことだと思いました。

 

仙台の友人や東北の友達、地元のじいちゃん・ばあちゃんに話を聞くと、拍子抜けするほど明るく前を向いていました。

きっと傍目には想像できない辛い経験をしてきたに違いないのにです。

 

そして「復興」という言葉を使いたくないとも言っていました。

マイナスからゼロへの「復興」ではない。

もう前に進んでいるんだと。

 

 

今更ながらワンオクにはまる

これまでONE OK ROCKはカッコいい曲のイメージでした。

るろうに剣心の主題歌だったりしましたし。


Rurouni Kenshin ~Mighty Long Fall~ (fanmade)

 

るろうに剣心が好きで映画見たら曲もカッコいいじゃん!

でもそれだけで、特にそれ以上聴き込むことはなかったんですが、

今回の「Be The Light」で完全にファンになってしまいました(^_^;A

 

最近はTSUTAYAでワンオクのアルバムを全て借りて来て、ライブDVDをチェックして(笑)

 

「Be The Light」前のこのMCもすごく好きです。


ワンオクロック 被災地復興曲

 

Taka(ボーカル)のMCでの言葉や表現が、ストレートで良いです♪

しばらく熱が入りそうです(o^ω^o)

んだらね〜♪

 

 

 

 

 

 

「猫の日」をきっかけに考えた、僕が猫をもっと好きになった理由

f:id:nogutyo:20170228214103j:plain

猫にデレデレ(*´∀`*)、のぐちょ(@yuukinogutyo)です♪

 

2月22日は「猫の日」でしたね!

インスタ見てもTwitter見ても可愛いニャンコ目白押しで、猫好きな僕としては至福な時間でした♪

誰だ!猫の日なんて考えた奴!最高かよ(*´∀`*)

 

猫が好きで行動がおかしい

猫好きあるあるかもしれないので、目新しいことはありませんが、以下の感じです。

・猫がいそうなところは必ず見てしまう(路地裏とか屋根の上とか)

・遠くにいる猫も見逃さない(離れているのに遠くで動く物陰にいる猫を発見)

・雨の日は雨よけになりそうな所をつい見てしまう(車の下など含む)

・猫を見つけるとそ〜っと近づく、ゆっくり追いかける

・猫に向かって声をかける

・デレデレになる

・集団行動を乱す(一人で勝手にいなくなる←猫を探しにor猫を見つけて)

 

もっとありそうですが、猫好きの方ならどこか共感できるところがあるんじゃないでしょうか?

え?オレだけ?(* ゚ω゚ *)

 

実は僕のこういった変な行動は昔からではなかったです。

正直昔はもっとドライというか、好きですけどどこか今と違うというか…

もっと冷たくあたっていたかもしれません。。

その辺について書いてみます。

f:id:nogutyo:20170228222247j:plain

 

実家にいたとき猫を飼っていた

僕の実家では猫を飼っていました。

僕が「猫が欲しい!」と両親にお願いして子猫を譲り受けてスタートしました。

今はもういませんが、僕が小学校低学年の頃に初めて猫が家族になり、亡くなったのは僕が大学生のころ。

長生きしました、悲しかったですがそれが救いでした。

 

「猫を飼っていたから猫好きなのか?」

半分そうで半分は違うような気がします。

確かに猫を飼っていたので猫好きになりました。でも実家に猫がいたころ、僕は愛猫にひどいことしたと自覚してます。

猫を飼うことはキレイなことばかりじゃない

実家で猫を飼っているときは、最大で7匹いました。

最終的には2匹くらいになりましたが、7匹の頃はいろいろ大変でしたね(; ^ω^)

 

田舎でしたし猫は屋内ではなく、好きに外に出入りできるようにしていました。

なので、うちのニャンコは泥だらけで帰ってくることも頻繁でしたし、鼠を捕まえて来て深夜の廊下で大運動会は毎日。

スズメやセミを捕まえて来たりして、捕まえられた方は家の中で大暴れ。

翌朝起きると廊下に必ず死骸が転がっていました。それが毎日です。

出入り口から、野良猫や他の家の猫が入ってきて、夜中にトイレに起きると台所で遭遇してビックリしたり(お互い)

外で変なもの食べてきて食事中に嘔吐したり…

 

発情期になれば家中にマーキングをするので臭くて寝られない。

一度枕にマーキングされて目眩がするほど臭くて、それ以来寝るときは匂いをかいでマーキングされてないか確認するようになりました。

 

最初はあんなに可愛くて仕方なかったのに、そういった事が重なるにつれ、どんどんストレスになっていきました。

受験や中学で悩んでいた時期も重なったからかもしれませんが、それは人間側の身勝手。

 

「邪魔するな」「うるさい」「汚い」「どっかいけ」

今思うとひどい言葉をぶつけてしまったと思います。 

猫を飼う「良い面」ばかり見ていた

僕は最初に猫を飼う時、可愛いという単純かつ明確な「良い面」ばかりを見ていたのでした。

小学生低学年のときの自分は、そんなもんだったかもしれませんね(^_^;A

 

でも猫はぬいぐるみでもなければオモチャでもない。

「生き物」…なんですよね。

大変な部分もあるし、汚い部分もあります。

当たり前ですが、それって実際に飼ってみないと実感しないものでして。。。

 

小中学校の頃の僕はそれが分からなかったし、受け入れる余裕がなかった。

都合のいいときに都合のいいように振る舞うなんてこと絶対ないですし、

汚い面も大変な面も全て含めて「家族として受け入れる」ということなんですよね。

もしかしたら人間の子育てにも似た要素があるのかもしれません。

f:id:nogutyo:20170228230139j:plain

そんな僕がなぜ今、猫が好きで愛でるのか

それはたぶん、小中学生のころに自分の飼い猫にしたひどい仕打ちの贖罪(しょくざい)の要素もあると思います。

「もっと〜してあげれば良かった」という後悔と、「次迎え入れるときは絶対にそうしない」という気持ちが混ざってる感じ。

 

猫を飼うには、可愛くて癒されるという良い面と、生き物である以上色んな大変なことがあるという面の両方を知る必要があります。

それでも、あの可愛さに癒されたいと思う、もちろん猫にも「この飼い主のところに来て良かった」と思ってもらいたい。

そういった面を知ったからこそ、より猫に向き合いたいと思う部分が強くなったんだと思います(^_^)

 

なので「可愛いから」という理由”だけ”では、猫を迎え入れません。

今僕は一人暮らししてますし、仕事で1日いないし旅行なんて行ったら寂しい想いをさせてしまう部分もあります(ーー;)

ちゃんと面倒を見て責任を持って一緒に住めるようになるまでは!

 

単に「可愛い(o^ω^o)」だけ感じたいなら飼う必要はないでしょうから♪

 

猫の日だからこそ大変な部分も発信を…

2月22日「猫の日」は、SNSは可愛いニャンコの画像や動画で溢れていました♪

もう最高です(*´∀`*)

でも、そんな猫の日だからこそ「可愛い!」という良い面だけじゃなく、「こんなに大変なんだよ」という面もあっていいと思うんです。

今猫と共に生活している方々が経験した大変だったこと、それを知りたい・書いて欲しいとさえ思いました。

 

「それでもなお、猫を迎え入れたいですか?」

そんなメッセージが「猫の日」だからこそ、

まだ飼ってない人に伝わって考えるきっかけになったり、今飼ってる人にとって目の前にいる愛猫の存在を見つめ直す機会になったらいいな〜なんて思ったりしました(’-’*)

 

あとがき 

 

ということで、今回は「猫の日」というものをきっかけに思い出した事、考えた事を書いてみました。

僕は実家で飼っていた猫に「可愛い」という癒しの面のみ求め、それ以外の大変な部分を拒否していました。

それを今とても後悔していて、次もし猫を迎え入れることがあれば絶対に同じことを繰り返さないと決めています。

 

ただ「可愛いから」と猫を飼うより、「大変なことあるけど、それでもこの子が好き」と思って一緒に過ごしたいじゃないですか(●´∀`●)

飼う飼わないを考えないにしても、あの猫の癒し効果は本当に不思議ですよね♪

猫カフェを考えた方は天才だと思います!マジで。

 

そんな猫の癒しを求め、また猫カフェに行こうと思った今日この頃でした♪

猫の日だからこそ、猫のこと可愛いだけじゃなく色んな面に目を向けたいですね(^_^)

 

んだらね〜♪

おまけ

高校生になる頃には僕も気持ち的に落ち着いてきたのか、飼い猫に冷たい態度を取る事は減りました。

大人猫になって狩りをあまりして来なくなって、のんびり過ごす事が多くなったからかもしれませんが(^_^;A

 

その頃にいた「カメ」という猫について以前書きました。

不思議な体験だったのでどうしても記事にしたかったんですよね(*^^*)

ご興味があればぜひ読んでみてください♪

 

nogutyo.hatenablog.com

 

 

nogutyo.hatenablog.com