読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

大晦日に思うワクワク感

f:id:nogutyo:20150108080557j:plain

大晦日深夜の雰囲気が好き、のぐちょ(@yuukinogutyo)です(^_^)

 

大晦日(12月31日)の夜ってどこか不思議な雰囲気がある。

今年が終わり来年を迎える、そのワクワク感。

 

いつもは深夜12時をすぎると外の空気というか雰囲気が静かになるのに、大晦日の深夜12時はそうじゃない。

なんだろう、上手く説明できないのだけど”空気がザワザワしてる感じ”

いつもはシーンとしてる空気が、沢山の人の話し声やざわめきで賑わうような、溢れるような。

 

なんかあの「眠ってない感」が好き。

都心に出ればいくらでも「眠ってない街」はあるけど、いつもは12時をすぎたら寝静まるような田舎からしてみれば、眠ってない感を感じるのは大晦日の夜くらいのものだ。

 

いつも寝てる時間に家族でTVを見たり、友人に”あけおめ”メールを送ったりワクワクする。

新しい1年の始まりへのワクワク感に寝るのがもったいない!というか。

年明けたら挨拶だけして、あとは寝る!って方もいると思うけど、そのまま夜に除夜の鐘を鳴らしに行く人もいる(*'-'*)

幼い頃に僕もそんな一人だったからワクワクするのかもしれない。

今は亡き母方の祖父と妹と3人で、田んぼの雪道を除夜の鐘を鳴らしに出かけたものだった。

それが毎年楽しみで大晦日を待っていたように思う。

そのときの気持ちがずっと残っていて、今でもワクワクして寝るのがもったいなく感じる(^_^)

 

財布のひもと表情も緩む

大晦日の昼に、親と妹で買い物に出かけた。

どこも年末セールから歳末処分?

スーパーも年越しに向けた準備にフォーカスしていろんな食材が並んでいる。

野菜高すぎだけど

元旦に初売りに行くのにも手伝ったが、どこに行っても人人人!

 

他の人たちを見ていても、金銭感覚が1番麻痺するのが大晦日と正月だなと実感。

 

スーパーに行ったとき、

ある家族の母親が「お正月だから」と蟹の詰め合わせ(約3000円相当)を3つくらいカゴに入れていた。

「お正月だから」という免罪符があれば、人の財布の紐はいとも簡単に緩む。

いいことだとは思うけどね。

孫や子供達が帰ってくるこの時期を心待ちにしている、おじいちゃんやおばあちゃんもいるんだろうから。

 

もういくつ寝ると?

「もういくつ寝るとお正月〜♪」って歌があるくらい、古くから日本では正月は楽しみにされてきたもの。

大晦日はそのまさに正月直前の期待値MAXのタイミング。

 

元旦になったらなったで楽しいし、お祝いの挨拶や準備・初売りに出かけたりでバタバタするけど、

いくつになってもやっぱり大晦日の夜、年明けの瞬間を待ってるあのワクワク感が好き。

 

元旦から一週間、早く今年の目標を決めないと(´Д`。)…(遅い)

お正月

お正月

  • 琴リラクゼーション
  • Instrumental
  • ¥150