のぐちよの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

声を聞ける幸せ。大切な人の思い出なら写真ではなく動画で残してほしい

f:id:nogutyo:20170615160723j:plain

残すなら写真ではなく動画で。のぐちよ(@yuukinogutyo)です(ノ・ω・)ノ゙

 

実は11月上旬、母方の祖母が他界しました。

以前、父方の祖母が亡くなった際「何か残しておいて欲しい」という記事を書きました。

 

nogutyo.hatenablog.com

 

じゃあどんな形で残すのがいいんだろう?

と考えたときに「動画で残す」というのが最も良いのではと思いました。

 

なぜか?

それはその人の”声”が聞けるから

 

表情なら写真からでも見て取れます。

でも”声”はそうはいかない。

 

どんなに記憶力があっても、声って何年も経つと記憶が曖昧になってきますし、いつか忘れてしまうかもしれない。

でも動画なら声が記録されてますし、動き、表情、何を話しているかまで分かります。

まるでその場に居合わせたかのように、その時を思い出すことができます。

 

子供の成長を記録に残す 

妹の子供を見ていて思いますが、ちょっと前まで赤ちゃんだったのに、

あっという間に成長して大きくなっていきます。

「今この瞬間」は一瞬で過ぎ去ってしまうので、僕は動画で残しておくのが最も良いと思うんです(*'-'*)

 

子供って落ち着かないので、写真だと動いたりしてなかなか上手く撮影できないようですが、動画ならその動きすら大切な記録になる。

 

もし自分がまだ幼くて物心がつく前なら、どんな環境で育てられどんな表情で自分たちを周囲が見てくれたのか、それを見ることができます。

 

きっとそれを撮影してる瞬間は、そこまで深く考えないかもしれませんが、

数年後、数十年後にその映像は財産になります。 

f:id:nogutyo:20171125013001j:plain

 

生前を記録に残す

動画で残しておいた方がいいのは子供に限りません。

大人だってそうだし、年を重ねてからだってそう。

 

個人的にはこっちのが重要。

亡くなってしまっては、二度とその人の声を聞くことは出来ません。

子供の声変わりもそうですが、年を取ると声や話し方も変わりますよね。

じいちゃんばあちゃんの声を聞いているとそう思います。

 

ゆっくり柔らかい話し方になったり、逆にキツくなったり(笑)

映像で残しておくと、その年齢の頃のじいちゃんばあちゃんの声を聞くことができる。

親の声を聞くことができる。

 

それって亡くなった後は本当に貴重で大切なものになります。

僕が幼い頃のばあちゃんの声を聞くと、思わず泣きそうになってしまいます。

 

写真も十分思い出として残ってくれます。

でも映像には、それ以上の沢山の思い出(情報)が詰まってる。

 

恋人同士や友達同士にも?

大切な人って別に家族に限りませんよね(^_^)

付き合ってる彼氏・彼女、付き合ってなくても好きな人、その人との写真も楽しいですが、動画だとより雰囲気やその人の雰囲気が伝わってきて良いです。

 

もちろん失恋した時にその動画を見るとダメージがデカいので、それは眠らせるのをオススメしますが(; ^ω^)

 

友達同士ならそういった心配は少ないでしょうかね♪

ワイワイ旅行に行った思い出や、ダラダラ話をして過ごす時間など、動画に残すのも楽しいヽ(*・ω・)ノ

インスタグラムの「ストーリー」は24時間で自動消滅する動画で、気軽にアップすることができます。

それが流行っているのも、そういった動画で残すことの楽しさがあるからかもしれませんね♪

 

あとがき

ということで今回は、大切な人との思い出なら写真じゃなく動画で残そう!って話を書きました。

動画で撮影するのって案外恥ずかしかったりしますが、後々見たときにすごく大切な記録になります。

 

やっぱり「声」で大事なんですよ。

不安だったり悲しい気持ちになっても、大切な人の声を聞くだけで元気になったりすることがあります。

 

声フェチがいるくらいだから、声には理屈じゃない効果があると思っています。

それを記録に残すなら動画がいい。

 

死別に限らず、子供の成長にしろ祖父祖母との会話にしろ、「その瞬間」は二度と戻らないです。

でも声を聞くだけでその瞬間に戻ることができたり、思い出したりすることが出来る。

声を聞けるって幸せなことなんだな〜と思った山形路でした。

 

スマホでサクッと動画が撮れます♪

今しか見られない姿、残しませんか?

 

んだらね〜♪

 

 

 

 

万年筆とインクの組み合わせにストーリーを考えたい(後編)秋

f:id:nogutyo:20171129230004j:plain

万年筆とインクの組み合わせを考えるのが好き、のぐちよ(@yuukinogutyo)です(*'-'*)

 

前回、万年筆とインクの組み合わせを考えるときにするイメージについて、

春〜夏っぽい万年筆とインクの組み合わせを記事にしていました♪

 

nogutyo.hatenablog.com

 

今回はその後編、秋のイメージです!

 

プラチナ万年筆#3776センチュリー富士五湖シリーズ「河口」

f:id:nogutyo:20171130000505j:plain

これはプラチナ万年筆の#3776センチュリーというシリーズです。

この#3776センチュリーは、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表す数字にちなんでつけられた名前(^_^)

プラチナ万年筆/Century

 

「3776」とは富士山の標高を表してる訳ですね♪

f:id:nogutyo:20171130001218j:plain

その#3776シリーズで「富士五湖シリーズ」なるものがあります(*'-'*)

これは2010年にセンチュリーシリーズがリニューアルしたときに記念に発売が始まった限定シリーズ。

富士五湖にちなんだ名前の万年筆があります♪

本栖湖」「精進湖」「西湖」「河口湖」「山中湖」 

 

このシリーズのうち僕は「河口湖」にちなんだ「河口」を持っていますが、軸の色がディープブルー。

富士五湖シリーズは湖の透明感をイメージしてスケルトン軸になっています。

「河口」はその中でも濃い色をしていますが、明るい朝に見ると明るい青、夜に見ると紺色に見えます。

 

富士山、河口湖、そして夜に暗い青になる感じ…それを考えた時「月夜」が思い浮かびました(^_^)

f:id:nogutyo:20120804045254j:plain

こんなイメージ。

 

パイロット社の色彩雫シリーズに「月夜」という紺色のインクがあるので、それがイメージ通りだなとヽ(*・ω・)ノ 

f:id:nogutyo:20171130000526j:plain

 

ペリカン社 スーベレーンM400「ホワイトトータス」

f:id:nogutyo:20171204225755j:plain

白い軸に金茶の模様が美しいですね(●´∀`●)

 

この模様は1本1本違うので、直感で選んだ感じ♪

黄色、金色、白、茶色…光の当たり具合で表情が変わるのがお気に入りです✨

 

そして秋で黄金色といえば「稲」(o^ω^o)

という訳で、パイロット社の色彩雫シリーズの「稲穂」を入れることに決定♪

f:id:nogutyo:20160917121632j:plain

こんなイメージ

f:id:nogutyo:20171204231323j:plain

インクの濃淡も好きです(^_^)

 

 セーラー万年筆 プロフィット・スタンダード21

f:id:nogutyo:20171204231446j:plain

セーラー万年筆ではまさに代表作とも言える「プロフィット」シリーズ。

そのスタンダードモデルです。

僕が初めて買った万年筆もプロフィット・スタンダードでした(^_^)

(今回のものとは異なりますが)

 

この軸色は「マルン」です。

マルンとは栗色を表し、フランス語でも「栗」という意味です。

 

この万年筆を買った当初は、色彩雫シリーズ「山栗」を入れていました。

 

それを使い切ってからは、また違うインクを入れています♪

やはり「栗」つながりで何かないか…

f:id:nogutyo:20161105201332j:plain

うーむ(悩む栗…)

 

そんな時、京都に行った友人から京都で有名な栗の和菓子を教えてもらいました(^_^)

f:id:nogutyo:20171204234658j:plain

京都の栗菓子 京菓匠 栗阿彌(りつあみ)

 

京都の栗菓子!

 

そこで思いついたのがこのインク(・∀・)

京都にある文具店「TAG」のオリジナルインク京彩(きょういろ)シリーズです。

「祗園の石畳」というインク(*´∀`*)

f:id:nogutyo:20171204234006j:plain

f:id:nogutyo:20171204234016j:plain

京都の文具店TAGオリジナルインク「京彩(きょういろ)」 万年筆・筆・ガラスペン等に

 

f:id:nogutyo:20171204234847j:plain

良い色だ〜♪

写真が下手で申し訳ないですが、もっと色の濃淡が出ていてキレイです(^_^)

 

セーラー万年筆 プロフィット30周年ブライヤー

f:id:nogutyo:20171205072348j:plain

セーラー万年筆の定番「プロフィット」シリーズ。

発売して30周年記念で販売したモデルが、「30周年記念ブライヤー」です(^_^) 

 

ブライヤーはヨーロッパ南部から南西アジアなどの地中海沿岸地域に分布する木で、強い難燃性を持っています。要は燃えにくい!

更に軽いためタバコ用のパイプの素材に使われたりします。

 

このブライヤーの木の根から繰り出したものは高級品として扱われているらしいです(o^ω^o)

f:id:nogutyo:20171205213554j:plain

そんなブライヤーを使ってる万年筆なら、タバコや葉巻に関するインクを入れたい!

ってことで探したら…見つかりました♪

 

Pen&Messageさんのオリジナルインク「Cigar(シガー)」です(*'-'*)

Pen and message. 万年筆 & ステーショナリー

f:id:nogutyo:20171205072413j:plain

これは書き終わってからしばらく経っているので茶色ですが、書いてすぐは濃い緑色です!

そこから徐々に茶色に変化していく!!

 

葉タバコの状態の緑色から、タバコ用に乾燥させ、茶色に変化していくイメージで作られたインクですヽ(*・ω・)ノ

よきかな♪

f:id:nogutyo:20171205214503j:plain

 

あとがき

前回に引き続き、今回も万年筆とインクの組み合わせイメージについて書いてみました(^_^)

前回も書きましたが、僕は万年筆を使う時、その軸から風景というかイメージを持ってインクを選ぶのが好きです♪

もちろん、単に軸と同系色だったり補色関係にあるインクを入れたりすることも多いですが、せっかくなら季節や風景のイメージを考えたい(o^ω^o)

 

四季の変化がある日本にいるからこそ、ですね♪

もちろん限界はありますし、イメージと違うこともありますが(; ^ω^)

 

もう12月で冬になりますね〜

さて、どの万年筆にどんなインクを入れようかな♪

 

関連してそうな記事 

nogutyo.hatenablog.com

 

nogutyo.hatenablog.com

 

nogutyo.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

万年筆とインクの組み合わせにストーリーを考えたい(前編)春〜夏

f:id:nogutyo:20171110081135j:plain

万年筆とインクの組み合わせを考えるのが好き、のぐちよ(@yuukinogutyo)です(^_^)

 

多色ボールペンと違い、万年筆には1本に1色しかインクを入れることができません。

黒、赤、青3色書けるのを揃えたければ、3本の万年筆が必要になります。

 

1つの万年筆に1色のインク。

だからこそ、せっかく入れるならそこにイメージというか”ストーリー”を与えたい。 

万年筆を使っていてそう思うようになりました(o^ω^o)

 

「ストーリー」とかカッコつけていいましたが、要はイメージです。

万年筆に入れるインクの色をどうするか、人によってそれぞれで、

・正式書類に書くから黒かブルーブラック

・青が好きなので青色インク入れたい

・色んな色を試したい

・万年筆の軸(本体)が青だからインクも青

 

などなど(*'-'*)

 

万年筆を使ってる方は、どんな理由やイメージでインクを選んでるんだろう?と気になります♪

ボールペンやフリクションでも単にインクを選ぶだけじゃなく、ペン自体の見た目も気にしてるはずです。

そのペン軸にした理由は?気になる!!(o^ω^o)

と思ったので今回まずは自分の場合を記事にしてみました!

 

長くなりそうなので前編と後編に分けます(。・ω・。)ノ

まずは春〜夏にイメージした万年筆とインクの組み合わせを…

 

パイロット「プレラ」オエステ会限定 カワセミブルー

f:id:nogutyo:20171123235116j:plain

この万年筆はパイロット社の既製品「プレラ」をベースにしている限定モデルです。

 

カワセミブルーという名の通り、鳥類の「カワセミ」をモデルとしています。

f:id:nogutyo:20171124001044j:plain

カワセミ - Wikipedia

最初は翡翠色のインクを入れていました。

翡翠って「ひすい」と読みますが「カワセミ」とも読むんです!

なので翡翠色のインクを入れるんは必須(`・ω・´)ノ

 

これでも十分、そのインクを入れる理由になります。 

でもそんな時、以下の浮世絵を発見しました。

f:id:nogutyo:20171124001252j:plain

歌川広重の広重花鳥大短冊撰にある「紫陽花に翡翠です。

 

元々パイロット社のインク「色彩雫シリーズ」の「紫陽花」は持っていました。

カワセミと紫陽花の組み合わせが新鮮だったのと、せっかくなら歌川広重の世界観を表現していみたいと思って入れてみましたヽ(*・ω・)ノ

 

紫陽花の花にとまったカワセミのイメージで、ペン先がクチバシです♪ 

f:id:nogutyo:20171123235234j:plain

 

プロフェッショナル・ギア「ターコイズブルーの奇跡」

f:id:nogutyo:20171122001908j:plain

セーラー万年筆を代表するモデル「プロフェッショナル・ギア」のワンチャー限定品

ターコイズブルーの奇跡」

item.rakuten.co.jp

この万年筆は「Pen Life」という店限定の万年筆で、ターコイズブルーの軸がキレイです♪

f:id:nogutyo:20171124233349j:plain

こんなイメージ 

 

モルディブの海のような美しいターコイズブルーには、透き通った空のような青色が似合います!

f:id:nogutyo:20171130000626j:plain

そこで選んだのが、パイロット社のインク「色彩雫」の「紺碧」です(*'-'*)

 

ターコイズブルーの万年筆とそれと接する青空のイメージ 

キャップレス・デシモ「すずらん」 

f:id:nogutyo:20171124001719j:plain

パイロット社からはキャップなし、ノック式の万年筆が発売されています。

立ちながら書いたり、片手で使いたい時ノック式は便利です(^_^)

仕事で活躍する場面も多いかな

 

以前、その利便性を書いたこともありました。

 

nogutyo.hatenablog.com

そんなキャップレス・デシモの2017年春モデル「ずずらん」

ホワイトの軸に金色の金具が上品です(●´∀`●)

f:id:nogutyo:20171124230508j:plain

こんなイメージ

 

すずらんは「春の訪れを知らせる花」です。

これは桜とのコラボも悪くない!と思い、セーラー万年筆のジェントルインク「四季彩シリーズ」の「桜森」にしました(*´∀`*)

 

春の訪れを告げる「すずらん」と「桜」のコラボです♪ 

f:id:nogutyo:20171124001730j:plain

 

スーベレーンM600ヴァイブラントグリーン 

f:id:nogutyo:20171124083220j:plain

この万年筆にも「桜森」を入れました♪

f:id:nogutyo:20171124231450j:plain

こんなイメージ

 

緑の万年筆には緑のインクを、と当初考えていたんですが、春先に花見をしたときに

桜の白・ピンクと葉っぱの緑が素敵だったんですよね〜ヽ(*・ω・)ノ 

f:id:nogutyo:20171124083123j:plain

美しい…

字も美しくなりたい(切実…) 

f:id:nogutyo:20171124083136j:plain

 

イメージを表現するような組み合わせにしたい 

ということで今回は万年筆とインクの組み合わせについて、僕が持っているイメージを書いてみました。

万年筆は1色しかインクを入れられないので、どの色のインクにするかとっても迷います(*・ω・)ウーン

 

万年筆の軸と同系色でもいいし、全く関係ない色でもいい。

でもせっかくならストーリーというかイメージを決めて、それに沿ったインクを入れたい!

人それぞれだとは思いますが、僕の場合は風景というかイメージがあって、そのイメージを表現するようなインクを入れたい欲求があります。

 

それは僕だけなのか皆そうなのか、気になったので今回書いてみることにしました。

季節によってインクを変えたり、万年筆も季節によって使い分けたり、

そんな「四季」を感じられるのが僕は好きなのかもな〜なんて思います♪

 

次回は「後編」です♪

んだらね〜♪