のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

ネガティブな批判に萎縮するより…

f:id:nogutyo:20170306080823j:plain

万年筆大好き(*´∀`*)のぐちょ(@yuukinogutyo)です♪

 

このブログでも何度か書いていますが、僕は万年筆が大好きです♪

日々の筆記はほとんど万年筆で書いていますし、万年筆で文字を書くことで心が落ち着いたりします。

 

これまで、万年筆に興味を持つ人が少しでも増えるよう、興味を持ってくれた人が買う時に参考になるように記事を書いてきました。

 

nogutyo.hatenablog.com

 

nogutyo.hatenablog.com

 

nogutyo.hatenablog.com

 

でも「自分が持っている万年筆」についてはあまり積極的に書く事は控えてきたんですよね|・ω・`)。。。

理由は「自慢してるように思われるんじゃないか?」と不安だったから。

 

それって自慢?って思われるのが恐い

万年筆はリーズナブルなものからハイプライスなものまで様々ですが、一般的な文房具に比べると価格が高いです。

1本1万円というのもザラですし、むしろ安い部類。

そうなってくると「買ったよ〜♪」と書くと自慢してるように受け取られないか?と自分で感じてしまって、どうしても積極的に書きたいと思えなくなってました(; ^ω^)

 

別に買ったことの報告自体は大した問題ではないんです。

問題はその「単価」だったり「頻度」です。

 

以前、万年筆に興味のない後輩に「1本1万円のペン?高い!」と言われハッとしました。

万年筆好きにとって1本1万は安いが、世間一般ではそうじゃないという当然のことに気づいたからです(^_^;A

また、万年筆は定期的に買うものでもなく、限定品が出たタイミングや欲しいと思ったタイミングで「えいや!」と買うものなので、どうしても買う時期が重なったりします。

だと2ヶ月連続で購入とかもあり得るわけで…

「こいつ毎月買ってるな。金持ち自慢か?」と思われないかという謎の不安に襲われたい(笑)

 

これはインスタグラムでも同じ事が言えます。

本当は「買ったどー!」と載せたいですが、でも「こいつウゼー」と思われたらどうしよう…うわああああghぱいづsjおい;あうdそ;いあjkwねおいjた猫|・ω・`)

 

なんのために書きたいの? 

そんな時、以前から僕のブログを読んでくれている友人から言われた言葉

「誰も気にしないから大丈夫(笑)」

「書きたいことを書きたいように書けば良い。それが非人道的だったり悪戯が過ぎるのは別だけど。」

SNSなんてそもそも自己満足の要素が強いんだから仕方ない。それを分かった上で利用してればいいじゃん」

 

結局、見たり読んだりした人がどう思うかなんて僕にはコントロールできない。

そんなことを気に病む必要はない。

もちろん発信の仕方は配慮が必要ですが。

 

以下こんなやりとりも…

 

友人「そもそも、のぐちょは万年筆を買いたいと思ったら、まず何をする?」

 

のぐちょ「ネットで調べる」

 

友人「なんで?」

 

のぐちょ「その万年筆を購入した経緯とか、使い心地とか、実際の写真とか色々知りたいじゃん」

 

友人「のぐちょは万年筆の記事書く時、何を意識してるの?」

 

のぐちょ「・・・∑( ̄□ ̄)」

 

友人「のぐちょが記事を書くことで、まだ買ってない人がその記事を読んで参考にすることもあるんじゃない?もしかしたらその記事を読んで買う事を決心するかも」

 

のぐちょ「確かに…」

 

友人「その万年筆に興味がある、買いたい、そう思ってる人の役に立つなら、書くことってそんなに気に病むことかなぁ?」

 

友人とのこのやりとりで、僕は万年筆の記事を書くことへの恐怖心のようなものが少し小さくなりました(^_^)

 

もちろん全ての方が友人のような価値観ではないですし、

万年筆を欲しいと思って調べている人以外にはハッキリ言って「買ったよ〜」くらいの報告記事でしかありません。

僕もSNSのフォロワーさんの投稿でそういった「買ったよ」報告があっても、「そうなんや〜!」って思うくらいで、特別批判的には思いません。

全く興味のない分野のものでも、です。

 

でも全員が同じ価値観でない以上、ネガティブな意見や感想は必ず発生します。

それに囚われて萎縮して何もしないのではなく、少しでも応援してくれたり喜んでくれた人に感謝して気分上げてもっともっと頑張ることが大事な気がします。

 

このブログはしょうもない事も沢山書きますが、読んでくれた人に少しでも何か役に立ったり「へ〜」とか「ふ〜ん」って思ってもらえる記事を書くことが、僕のやりたことでした。

初心に帰って、また思ったように書いていこうと思いました(^_^)

 

今後も生暖かい目で見守っていただけたら嬉しいです♪

んだらね〜♪