読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

手帳やノートは見返す?昔の自分の方が先に進んでるかもしれない。今の自分が過去の自分を後ろから見る

f:id:nogutyo:20131110005632j:plain

photo credit: SergioTudela via photopin cc 

 

色んな意見を聞くの楽しい!のぐちょ(@yuukinogutyo)です。

 

前回は、僕がブログ書く時にどうして「手書き」という、一見とても面倒なプロセスを踏むのかを考えてみました。

 ブログを書くとは「自分を切り出す」こと。感情に合わせて変える手書き、事後修正のタイプ。。 - のぐちょの”気になる”ブログ

僕の中で、ブログを書くことは「自分を切り出す」こと。その切りだす作業、僕は手書きというステップを踏まないとスムーズにできません。

あ、でもboketeネタのような記事は「自分を切り出す」ってよりはノリの部分が多いので、その限りではないですけどね(*´∀`)

わざわざ言及通知を下さって、ご自分のスタイルを書かれる方もいて本当に嬉しい限りです♪

 

今回は「昔の自分の方が進んでいる事があるかもしれない」ということを考えてみます!

昔の手帳やノートを見返す?見返さない?

皆さんは使い終わった手帳を見返しますか?

そして「見返す」という行為をどう思いますか??

僕はちょうど1年前とか数年前とか、節目節目のものを見たりします。

初めて手帳を買った時のもの、学生生活、社会人になってから…。日記を書いてた時期もあるので、日記も同様です。

楽しかったことを懐かしんだりもしますし、仕事においては、同時期のタスクリストに早変わり(*・ω・)ノ

もっと改善しよう、もっと出来るようになった、事前に根回ししておこう、これは部下に任せられるな…等々。。

前回紹介した、ほぼ日手帳2014発売日のトークショーの中で、また気になるコメントがありました! 

 手で書くことについて ぼくらが考えたこと。- ほぼ日刊イトイ新聞

第5回「昔の自分が元気をくれる」

 

 

西田:ぼく、自分のやったことを書いて、それを後で見返すという行為が、

ナルシシズムというのか、ちょっと抵抗があるときがあるんです。
そのとき思ったことは書くけど、
後でそんなに見返す必要がないようにも思うときがあって‥‥。  

糸井:あ、それはね、見返したほうがいいです。

ぼくはものすごく見返します。

なぜかっていうと、
昔のほうが今より進んだことを考えている場合があるんです。

これはちょっと意外でしたが、よくよく考えて見ると納得。

こう考えてみると、いつから僕は「今の方が進んだことを考えている」と思うようになったのだろう? (・ω・;)

今の方が考えが深いとは限らない…

体力や記憶力は、もしかしたら10代や20代前半より劣ってるかもしれないです。

けど考え方は、前より深くなったし幅広く考えられるようになったと思っていました。

もちろん、以前より多面的に冷静に物事を捉えられるようになったというのはあるだと思います。

以前こんな記事を書きました。これは昔より今のが物事を多面的に捉えられるようになった例です。

24時間テレビが見れるようになった不思議。変わったのは番組か自分か? - のぐちょの”気になる”ブログ

でも、実は数年前のが素直に見ることができてたというパターンもあり得ます。

考えが深くなったと思っていたけど、実は一つの部分にフォーカスしすぎて深く考えていただけで、根っこの部分は変わってなかったり。。。

違うテーマになると全く幼い考えになってるなんてザラです(; ̄Д ̄) 

糸井:そう。今の考えが一番とは限らないから

後で見返すのって大事ですよ。  

 

ちなみに僕の場合、2007年ごろの日記を読んでいると、確かに幼いし仕事についても何も分かっていない。

理想ばっかり語ってて、なにやらイタイ感じでした・・・

※昔は典型的な”意識高い系”でした(^ ^;)

でもその無鉄砲に見えるその言動も、今思えば失ったものであり、今の自分が読むとちょっと元気になったりします。

何かをする時、それに対して詳しくなればなる程「こうしたい!」という純粋な考えが阻害されるときがあります

例えば何か提案や改善するとき、専門だからこそ想定されるトラブルや出来ない理由を挙げてしまいがちです。

やってみないと分からないのに「過去にこんな事があったから成功するはずがない」と考えてしまうのです。

※もちろん無謀とも言えるものはあると思いますが…

何も知らかったあの頃の考え方が、いろいろ見えるようになったことで身動きが取れなくなってる”今の自分”にアドバイスになる事もあるってことですねヾ(●´ω `●)ノ

素直で行動力があったりしますからね♪

何も知らなかった頃の自分の行動力を思い出して、今の知識・知恵ベースを応用する。

それだけで、だいぶ現在の状態を打破できそうな気もするぽよ( ,,´・ω・)ノ

 

進んだ考えって何さ?」って記事を読んだとき思いましたが、僕は「今の状態を打開できる、悩みを解決する手助けをしてくれる考え方」だと思います!

このブログは将来の自分に向かって書いている 

きっと僕は色んな出来事に影響されて、考えが進んだり戻ったりすると思います。

無意識に。

逆に戻ってしまうだけで答えが変わる。でもまた進んだ時、さっき見た道とは違って見えるようになってると思います。

手帳も日記も本も、今見返すことで見える景色があります。

当時のことも、今読むと違った視点で見れるようになるのと同じです、あれの逆バージョン(^ ^)

昔の実は進んで考えていた自分を、今の自分が後ろから見る・・・そんな感じ。

 

手帳や日記、そしてブログに、

未来の自分が戻ってきた時に「へぇ~」と思えるようなことを書けていたらい~な~と思いながら書いてます。

このブログは未来の自分のために書いてるってのもあるのです。

 

狙うわけでもないし、狙ってなんて書けません。

ただ今の自分が思ったことを正直に書いていく。

未来の自分がこれを読んでいたらどんなこと思うのか楽しみながら書いていきたいですヾ(●´ω `●)ノ

 

んだらね~♪

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー [DVD]

バック・トゥ・ザ・フューチャー [DVD]