読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぐちょの”気になる”ブログ

万年筆とカフェ、音楽と空、そして猫が大好き♪ ”気になる”と思ったことをつらつら書いたり考えてみたりするブログ

follow us in feedly

台風が運んでくるもの

f:id:nogutyo:20130916125333j:plain

台風が過ぎた後の空が好き、のぐちょ(@yuukinogutyo)です♪

 

昨日から今日の午前中まで、愛知はものすごい雨と風。

特に今朝はもろに上陸したもんだから、雨が窓を叩く音で目が覚めました。今はもう台風はすぎ去って、上の写真のように晴れてます(^ ^)

 

鉄道の運行状況はまだ運休が多く、これが今日仕事だったら大混雑だろうと思います。

敬老の日を狙うとは、、台風空気よんだ?

 

今日は大阪城ホールで、僕の大好きなAAAのライブがあるので、Twitterでは「空気よめ」というツイートが目に入りました。他にもイベントや出かける予定だった方々の似たようなツイートを見かけます。

今日仕事だった自分・学校だった自分からすれば「今日が出勤日・登校日じゃなくてよかった~」だとしても、遊びに行く自分・ライブに行く自分として見るならば「なんで今日なのさ」と思うのだろう。

 

仮に、台風が空気を読んだとするなら「どっちやねん!」って言いたいだろうなぁ。

空気を読んだ台風も大変だ。

もとより歓迎されてないのは確かですけど。。。

 

”空気を読む”

ちょっと前には「KY」なんて単語が流行って、良くも悪くも”場の空気”を読むことを強いられました。最近はそこまで言われなくなった…かな?

でもこの「空気を読む」って、人間に置き換えるとすごく面倒なものに感じるんですが、こと気象について考えるとちょっと違った感覚になります。

 

僕は台風が過ぎたあとの空が好きです。

すごく…すごく空気が澄んでる。

台風が来る前、そして台風が直撃して嵐の時はそう思えませんが、いざ台風が過ぎ去ると”空気の違い”に気がつくのです。

まるで空を掃除したかのように。

台風が渦を巻いて進んでいくのを見ると、まるで日本を掃除しているかのようです。

特に今回の台風は勢力を弱めないまま、日本を縦断していくように進んでいます。

窓を拭いていくように、日本の空気を拭いていく。

 

夏に溜まった色んな”空気”をキレイに拭いていって秋の空にしていく。

だから秋の空は澄んでいて、そして高いんじゃないかと思う。

そのために台風があるのかとさえ思えます。

 

土砂災害や交通機関の乱れなど、一概にいいものとは言えないし、迷惑を被る方も多数いるのは確かです。

しかしあえてポジティブに捉えるなら、台風は秋に入るための準備でもあり、空気をキレイにする役割も持ってる、ある意味最も「空気を読んでいる」存在なのかもしれません。

空気を読むとは相手や周囲に気をつかうことだけではありません。

空気の状態を読んで、それを変える。

それもまた「空気を読む」ことだと思います。

 

ということで来週は空気を読まずに仕事をしてみようかな…いや、できるかな。。

人間の空気はそう簡単に変えられないかな(=´・ω・`=)う~ん

 

関連記事

ブログに書くべきか迷った。。でも書きたかった。 - のぐちょの”気になる”ブログ